札幌に4店目の コッペパン専門店『コッペスター』/初日の大行列が凄すぎた!?

ここ最近、札幌で流行りつつあるコッペパン専門店

『コッペスター』。

店の前の行列

大行列 ここから1時間並びました。

札幌で4番目のコッペパン専門店が、札幌の白石区に2018.9.15にオープンしました。

初日なので、とんでもない行列が出来ていました。

その行列を並び、オープン初日に購入したので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コッペスター 店舗情報

看板

コッペスターは白石区の本郷通りと水源地通りの交差点の角にあります。

駐車場はなく、車で行った場合は店の前に停車させるか、コインパーキングに駐車場に入れるしかありません。

コッペパン自体は少し小ぶりの感じのパンですね。

店の前の行列

場所

札幌市白石区本郷通7北6-22
TEL:011-595-8558

※お店の前は一方通行なのでお気を付け下さい

地図

地図

営業時間

7:30~18:30

定休日:とりあえず火曜日
今後、年中無休を目指すそうです

コッペパンレビュー

コッペパン5個

コッペスターのコッペパンは全部で50種類以上あります。

大きく分けて、調理系34以上と甘系17以上です。

それとは別に組み合わせコッペというのもあるようです。

コッペパンの大きさは、大体15cmくらいとちょっと小ぶりなパンですね。

袋に入ったコッペパン

パン生地は少しモチモチ感のあり粘りの強い感じの甘みのあるパン生地です。

今回は調理系、甘系、組み合わせ系をそれぞれ購入したので、ご紹介します。

調理系コッペパン

コッペパン1個

から揚げコッペパン 260円税別

コッペスターのコッペパンの調理系イチオシの『カラ揚げチキン』コッペ(260円)を購入。

コッペパンからはみ出るほどの1個の唐揚げがサンドされていました。

店内で注文を取ってからの製造なので、購入したては出来立てホヤホヤ。

サクッとしたジューシーのお肉に旨味のついた衣が特徴的でした。

てりやきコッペパン1個

てりやきコッペパン 260円税別

そして、日本人としては外せない『てりやきチキン』(260円)。

これもボリューミーで旨味のあるチキンに甘辛いタレのコラボレーション。

流石に美味しいですね。

迷ったらオススメです。

甘系コッペパン

開いたコッペパン1個 

いちごホイップ 210円税別

甘系コッペパンの代表中の代表、『いちごジャムホイップ』(210円)。

とんでもない生クリームホイップの量がサンドされています。

いちごジャムにちょこっと付いてるところにボリューミーな生クリームホイップ、量が凄すぎる。

そして、このホイップ甘ぁ〜いッ。

甘ったるいって言うくらい甘いですね。

甘党にはたまらない甘さだと思います。

開いたコッペパン1個

つぶあんバター 170円税別

さらにバター系のコッペパン『つぶあんバター』(170円)

これも凄いバターの量があります。ボリューミー。

具合悪くなるんじゃないかってくらい、たっぷりのバター。

バター好きにはたまらないと思います。

組み合わせコッペ

組み合わせコッペ(220円)は、タマゴサラダツナサラダ家庭ポテト明太ポテトコーンポテトの5種類の中から2種選び注文。

もちろん1種類でも可能です。

コッペパン1個

たまごサラダとコーンポテトの組み合わせ 220円税別

メニューと値段

暖簾

コッペスターのコッペパンの価格帯は

  • 調理系で、200~360円
  • 甘系で、130円~240円
  • 組み合わせ系は220円

※税抜き価格で表示されています。

メニュー表

初日の先着プレゼント

看板

初日2018.9.15と次の日は先着順500名まで、オープン記念としてプレゼントがありました。

15日はマーガリン、16日はたまごを先着順でプレゼント。

マーガリン

9/15初日のプレゼント

最後に

コッペスターのコッペパンは札幌の他のコッペパン専門店のものより大きさは少し小さめですね。

明らかに小さいコッペパンです。

ただ、サンドされている具材は超ボリューム感のあるコッペパンになっています。

表現としては小ぶりなデブなコッペパンと言うところでしょうか。

とってもボリューミーで美味しいので是非、1度購入してみてください。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする