札幌に2店舗【麺場 田所商店】/家族みんなで行ける味噌ラーメン専門!!

北海道札幌市に何やら高級そうなラーメン屋さん『麺場 田所商店』が2店舗出来ました。

ラーメン王国北海道に本州のラーメン屋さんが展開する時代になったのかなぁ?と思います。

しかし、本州のラーメン屋さんだからと甘く見ない方がいいと思ったのが素直な気持ちです。

では、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

『麺場 田所商店』店舗情報

ラーメン店

田所商店 手稲店

田所商店は国内、海外に100店舗以上展開する千葉県本社の会社みたいです。

北海道には2018.11月の時点では、豊平区と手稲区の2店舗あります。

どちらも高級そうな店の造りになっていて、雰囲気のいいお店というのが印象的です。

店内も広く、小さい子供や乳児を連れて来ても安心して食べれる様な造りになっています。

営業時間と場所

大きな看板

【札幌手稲店】

平日:11:00~22:30
日・祝:11:00~22:00
定休日:無

北海道札幌市手稲区富丘3-2-1-1
TEL:011-676-7030

※国道5線を小樽方向に走っていると、左側に大きな看板が見えるので分かりやすいです

※駐車場は広めで、20台分有

【札幌豊平店】

月–土:11:00~23:00
日・祝:11:00~22:00
定休日:無

北海道札幌市豊平区平岸5-10-1-3
TEL:011-876-9573

※環状通りを平岸方向に走っていると左側に大きな看板が見えるので分かりやすいです

※駐車場は広めです

『麺場 田所商店』メニュー

暖簾と看板

田所商店は味噌ラーメン専門店で、北海道味噌、信州味噌、九州味噌と3つの味噌味のベースがあります。

それぞれの味噌で味が多少違うので面白さがあるラーメンです。

さらに田所商店は半医半商の理念があり、詳しい事は割愛しますが、健康に良い乳酸菌を入れた味噌ラーメンを提供しています。

貼り紙

値段(メインメニュー)

【北海道味噌】濃口

  • 味噌ラーメン:700円
  • 野菜ラーメン:800円
  • 肉ネギラーメン:850円
  • 超バターラーメン:800円
  • 辛味噌ラーメン800円
  • 辛味噌野菜ラーメン:900円

税別価格

【信州味噌】やや濃口

  • 味噌ラーメン:680円
  • 野菜ラーメン:780円
  • 肉ネギラーメン:780円
  • タンタン麺:780円

税別価格

【九州味噌】甘口

  • 味噌ラーメン:710円
  • 野菜ラーメン:810円
  • 肉ネギラーメン:860円

税別価格

【セットメニュー】

ラーメン一杯に付き1つだけセットの追加が出来ます。

  • ミニ味噌チャーハン:350円
  • ミニチャーシュー丼:300円
  • 餃子5個 小ライス:380円
  • ミニジャージャー丼:300円

税別価格

レビュー

店の中

田所商店の1番人気は『北海道味噌ラーメン』が1番の売れ筋みたいです。

3種類の味噌があって、濃口の北海道味噌、やや濃口の信州味噌、甘口の九州味噌とあります。

今回は北海道の店舗ということもあって北海道味噌と、全国的に味噌で有名な信州味噌をレビューしたいと思います。

北海道味噌ラーメン

濃口の北海道味噌のスープをひと口飲むと味噌の甘みとほんのり塩っぱさがくる感じです。

北海道の人にとっては言うほど濃口には感じないと思います。

味噌ラーメン

こってり感はそれほどなく、こってり好きの北海道の人には少し、物足りなさがある感じです。

麺は中太のちぢれ麺、腰のかしっかりしたつるんとした感じでした。

全体的に個性的なラーメンに比べると万人ウケする美味しいラーメンと感じます。

信州味噌ラーメン

やや濃口の信州味噌ラーメンは、北海道味噌の濃口に比べるとちょっと薄いかな?と感じる程度です。

味噌ラーメン

スープをひと口飲むと、甘みよりも塩っぱ味が先にきて、その後味噌の甘みがくる感じです。

気にしなければ全然大丈夫程度なのですが、少し味噌スープがザラつき感があります。

それも美味さを感じる味噌のスープでした。

おすすめサイドメニュー

ラーメン屋さんには珍しいモツの煮込みがあります。

これは値段の以上に美味しい、そして、ボリューム感があって美味しかったです。

もつの煮込み

410円税込

モツは柔らかフワフワ、豚の角煮は味の染み込んだ柔らかい肉がとても特徴的で美味しいのでおすすめです。

最後に

田所商店と聞くと最初は何屋さん?と思いますが、しっかり美味しいラーメン屋さんなので、是非行ってみてください。

お店の雰囲気も良く、子供や乳児連れでも全然安心して入れるお店が特徴的でした。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする