【函館うに むらかみ】札幌店/ウニ丼ランキング上位はスゴイ!?

函館うに むらかみ 看板

先日、とある事情があり、うに丼を食べに行く事になりました。

地元の人間というのは意外と美味しい店を知りません。

そこで色々と、札幌うに丼ランキングを調べていると、

函館 むからみ』札幌店というお店がネットのランキング上位に目立ちます。

北海道民だと『どこも一緒でしょ〜』、『別にクルクル(回転寿司)でいいしょ~』と思って余りこういうお店は行きません。

しかし、これが凄い。

札幌うに丼ランキング上位だけあって、期待通りの大満足なお店でした。

これから、そのお店の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

北海道のうにとは

北海道の雲丹(うに)は大きく分けて、

『エゾムラサキウニ、別名キタムラサキウニ』『エゾバフンウニ』

が主流です。

一口に雲丹(うに)と言っても、この2種類のうにがあり、味も大きく違います。

エゾムラサキウニ

エゾムラサキウニ ハーフカット

エゾムラサキウニはベージュ色に近く、こんな色をしています。

味はさっぱりした味ですが、食べると奥に濃厚さを感じるウニです。

食べ放題みたいに、いっぱい食べたい方はこちらをオススメします。

エゾバフンウニ

エゾバフンウニ ハーフカット

エゾバフンウニはオレンジ色に近くこんな色をしています。

味はクリーミーで濃厚、食べ慣れていない人は【超濃厚】という表現がいいかもしれませんね。

上品に味わって食べたい、量は少なくていいと言う方にオススメです。

※注意:バフンウニの味はムラサキウニより濃厚なため、この2種類のうにを食べる時はムラサキウニから食べる事をオススメします。

 

【函館うに むらかみ】のこだわり

函館近海の生うにをメインに使用しています。

国産雲丹(うに)にごだわった生うにを使用し、品薄の時は北海道の他の地区から仕入しているみたいです。

さらに凄い事は『函館うに むらかみ』は

食品添加物であるミョウバンを使用してない事。

通常、うには形を整えるためにミョウバンを使用します。

過度に使用すると生うに本来の味を落とし、渋味を感じる事となります。

甘くてクリーミーな生うに本来の味を楽しませてくれるお店です。

レビュー

『函館うに むらかみ 』は一言で美味しい。中々の値段しますが、それ以上に満足度が高かったです。

生うに丼

ムラサキウニのシンプルなウニ丼です。醤油も付いていて、うに刺しとして食べれるようになってます。

新鮮そのもの甘ぁ〜くて濃厚、そして、さっぱりした風味で最高でした。

生うにとサーモン丼

新鮮な生うに、トロッと脂の乗ったサーモンが味わえる何とも贅沢で欲張りな丼。

塩水バフンウニ刺し

うにはウニでもの塩水バフンウニ。これはさっぱり超濃厚。口の中に入った瞬間とろけて美味しいです。

食べた事のない方は人生で1回は食べないと損をします

主なメニューと値段

塩水バフンウニ値段表

1年に約3ヶ月しか味わえない、塩水バフンうに。期間限定6/158/31

丼物メニュー表 1350円~4000円

生うに丼(うに80g) 4,320円
生うに丼(うに40g) 2,646円
生うにといくら丼 3,348円
生うにといくら丼  S 2,538円
生うにとサーモン丼 3,024円
生うにとサーモン丼 S 2,322円
おまかせ海鮮丼  3,780円

三色丼

(うに、いくら、サーモン)

3,240円
三色丼 S    2,430円
いくらとサーモン丼 2,376円
いくらとサーモン丼 S 1,728円
いくら丼 2,484円
いくら丼 S  1,458円

海鮮丼以外の他のメニュー

函館うにむらかみ 新鮮なお刺身メニュー表

ランチタイムは、海鮮関係以外の日替わりメニューもあります

場所と営業時間

函館うに むらかみ札幌店

060-0003 北海道札幌市中央区北三条西3-4日本生命札幌ビルB1F
TEL 011-290-1000

営業時間
ランチタイム:11:30~14:30<L.O13:45>
ディナータイム:17:30~22:30<L.O21:30>
定休日:年末年始

最後に

、札幌うに丼ランキング上位のお店は違いますね。

やっぱり、ランキング上位のお店は間違いなく美味しい。

なめてましたね。

中々、自分の為に行く機会がないので知り合いや友人が訪れた時に、また今度ランキング上位のお店を開拓してみたいと思います。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする