北海道の海鮮お土産の代表【ウニ】/購入のおすすめポイント!!

北海道の海鮮お土産で、いったい何がいいの?

海鮮と一口に言っても、魚類や貝類、魚卵系、甲殻類など、北海道にはたくさん海鮮系があり何がいいか悩んだりします。

その中でも特に、ウニは1番悩みます。

量は少なく、高価なもの、賞味期限も短いときてます。

そんなウニをお土産に選ぶ基準として、参考にして頂いたらと思います。

スポンサーリンク

2種類のウニ

北海道のウニの美味しい時期は6月中旬〜8月がベストシーズンと言われています。

もし、このシーズンに旅行などで北海道に来たのならば、お土産にウニをおすすめします。

ウニも大きく分けて2種類あるので、まずそちらを詳しく説明したいと思います。

ムラサキウニ

ムラサキウニ

一般的にウニと呼ばれるているのが、このムラサキウニ。北海道では1番ポピュラーで手に入りやすいウニです。

味も濃厚で食べやすく、ウニ丼にして食べるならムラサキウニの方を選ぶといいと思います。
色はクリーム色を濃くした様な色です。

一般的に思い浮かべるウニの色と言ってもいいでしょう。

バフンウニ

バフンウニ

バフンウニはムラサキウニより、かなり濃厚です。単純に値段も倍。

ムラサキウニよりも色も濃く、食べ過ぎると気持ち悪くなるので、刺身で摘む程度がいいと思います。

色は濃いオレンジ色をしていて、ムラサキウニと比べると、明らかに違うか色をしています。

ウニを選ぶポイント

【選ぶポイント】

  • 出来るだけ全体の色が同じ色を選ぶ
  • とにかく美味しいウニは北海道の昆布の産地のものを選ぶ(函館、利尻、礼文、日高)
  • 6月中~8月の時期ならは日本海産を選ぶ、特におすすめは積丹町美国産

【購入するときにおすすめポイント】

  • 鮮度が命なので、旅行中にお土産として買うなら、宅配便を使用した方がいい
  • どうしても持ち帰りたいなら、帰る当日にする
  • 種類も豊富で購入しやすいのは新千歳空港で購入がおすすめ
  • 新千歳空港で購入する時は出来るだけ午前中に購入する事をおすすめします

塩水ウニと折ウニ(板うに)

ウニを購入する上で大きく分けて2つ、塩水ウニと折ウニ(板ウニ)があります。

値段も質も全く違う物なので、選ぶ時に迷うと思うのでこれから説明したいと思います。

塩水ウニ

塩水ウニ

時期になると、たまに安く売っています。

北海道外からくると塩水ウニって何?

って思うかもしれませんが、簡単に言うと、塩水に浸けて形が崩れない様にしたウニです。

ウニは空気に触れると瞬く間に溶けてなくなります。時間にして10分もさらしておけば、どろっと溶けてしまいます。

時期になると北海道では、スーパーで安く売っている時があります。

食べ方としては刺身で食べることをおすすめします。

塩水ウニ

【北海道利尻島の幻うに】無添加!最高級利尻産の 塩水うに ( エゾバフンウニ )100g【7月上旬頃から発送】【 お中元 】( ウニ バフンウニ 塩水 産直 お取り寄せ 北海道 )

価格:4,190円
(2018/6/13 15:42時点)
感想(30件)

折ウニ(板ウニ)

【極上グレード】特選生うに折詰め100gエゾバフンウニ 北方四島産 北海道うに丼

価格:4,298円
(2018/6/13 15:21時点)
感想(10件)

折ウニはというと、形を維持するために、ミョウバンという食品添加物を使い空気に触れても形が崩れない様にしてます。

このミョウバンがウニ本来の味を苦味に変える場合があるので、製造業者によって味が変わる原因となります。

大概美味しくないウニはミョウバンを多く使用しています。

おそらく北海道で美味しくないウニは全く売れないので、北海道の各業者さんは美味しくないものは作ってないと思います。

食べ方としては、丼でも刺身でもどちらもおすすめします。

ウニ丼

毎年の相場価格

お店や時期によって違いはありますが、参考までに相場の値段をご紹介します。

【ムラサキウニ】

  • 塩水ウニ100g:4000円前後
  • 折ウニ100g:2000円前後

【バフンウニ】

※単純にムラサキウニの1.5倍~2倍の値段

色々、迷うと思いますが、最終的にはお財布と相談してご購入下さい。

1度食べたら、世界観変わります。

最後に

いかがでしたでしょうか?ウニと一口に言っても、2種類のウニがあります。

量を優先するなら、ムラサキウニ。
質を優先するなら、バフンウニ。

お土産として、珍しさを出すなら塩水ウニ。

お土産として、一般的なのは折ウニ。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする