【北海道ブランドメロン】種類調査/おすすめ5産地!

北海道メロンと言えば、まず第1に出てくるのが

『夕張メロン』

しかし、北海道は、他にも美味しいメロンは沢山あります。

メロンには規格というものがあって、特秀、秀、優、良と大体4種類、その中でも特秀品は、各地域ブランド品として扱っているところが多いのです。

購入の参考にしてくれたらと思います。

スポンサーリンク

有名ブランド

夕張メロン 木箱

北海道メロンで2強ブランド言うと、美味しいかつ有名なのが

「夕張メロン、富良野メロン」です。

赤肉メロンの王様『夕張メロン』は全国にも有名で、誰でも知っています。特に美味しいメロンとして知られています。

富良野メロンは北海道でも大きなメロンの産地で、出荷量は北海道内最大級です。

ブランドメロンも数種類あり、とても選ぶのに迷うメロンと言っても過言ではありません。

夕張メロン(特秀・最上級品)

メロン

夕張メロンは『夕張メロン』と言うだけでブランドで、値段も高く高級品です。

その中でも特秀品たなると数も少なく中々手に入らないものとして位置付けられています。

北海道の市場で初競りを行うと150万〜300万円のご祝儀相場の値が付きます。

とにかく美味しいメロンです。

特秀品の値段

  • 全体の出荷量の0.2%
  • 糖度13%以上
  • 木箱入り
  • 赤肉種

年にもよりますが、8500円〜10000/

間違いなく美味しく、形、色、糖度ともに最高のもの

富良野メロン(特秀・最上級品)

富良野メロンは4種類のブランドメロンがあります。

富良野メロンは、富良野地区、中富良野地区、山部地区の4地区から出荷された物を富良野メロンと言っています。

各地区のブランド品『至高のメロン』『味の技メロン』『プラチナメロン』『太陽の王様』があります。

至高のメロン

メロン2つカットメロン2つ 箱

  • 値段:3800円位/個
  • 富良野 山部地区
  • 規格:特秀品
  • 赤肉種
  • 重さ:2kg〜/個

味の巧メロン

メロン2玉

  • 値段:3800円位/個
  • 富良野 中富良野地区
  • 規格:特秀品
  • 赤肉種
  • 重さ:2kg〜/個

プラチナメロン

カットメロン 

  • 値段:3800円位/個
  • 富良野 富良野地区
  • 規格:特秀品
  • 赤肉種
  • 重さ:2kg〜/個

太陽の王様

太陽の王様 メロン

  • 値段:3800円位/個
  • 富良野 山部地区(太陽の里グループ)
  • 規格:特秀品
  • 赤肉種
  • 重さ:2kg〜/個

キングルビーという品種を使用していて、現在の在庫の種で終了するみたいなので、幻のメロンとなりつつあります。

地方ブランド

北海道メロンは夕張メロンや富良野メロンだけでなく、美味しいメロンが色々あります。

全国的にも北海道的にもさほど有名ではありませんが、ブランド化しているメロンがあるのでご紹介したいと思います。

月形地区

月の雫パンフレット

  • ブランド名:月の雫
  • 値段:3800円位/2個
  • 青肉種
  • 重さ:1.6kg〜/個

※ヘルシー度満点で清涼感が特徴

メロン5個

  • ブランド名:北の女王
  • 値段:3800円位/2個
  • 赤肉種
  • 重さ:1.6kg〜/個

※高い糖度と日持ちの良さが特徴

北竜地区

メロン2玉 カットメロン

  • ブランド名:龍の鈴
  • 値段:2400円〜3500円/個
  • 青肉種
  • 重さ:1.3〜2.0kg

※爽やかな甘みと優しい口当たりが特徴

旭川地区

木箱入りメロン2つ カットメロン

  • ブランド名:北の妃(きさき)
  • 値段:3000円前後/個
  • 赤肉種
  • 重さ:1.5〜2.0kg

※甘みが強く、味のしっかりとしたのが特徴

まとめ

北海道メロンは夕張メロンが特に有名で、美味しいのは間違いありません。

そして、美味しくて希少性から値段も単純に倍の値段がします。

しかし、夕張メロン以外にも北海道メロンは美味しいものがあり、値段も夕張メロンよりは安いので、是非食べてみてくれると良さが分かると思います。

おわりに:ふるさと納税でお得にゲット

誰でも簡単に手続きが出来るふるさと納税の購入がお得。

自己負担2,000円で北海道メロンをゲット!!



👆👆👆詳しくこちら

訳あり品ではなく上級品の返礼品ので、お得感抜群。

確定申告の必要ない会社員なら、封筒1つで簡単手続き

確定申告の必要なし

※注意事項
北海道メロンは受付期間や受付制限があり、全国的にも人気の返礼品なので、早めの予約をおすすめします
スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする