スポンサーリンク

【美瑛の青い池】誰でもインスタ映えに!/北海道旅行の超人気スポット‼

人工的奇跡の池
『青い池』

北海道を代表する観光地
『青い池』

MacBookの壁紙にも採用されている
『青い池』

ご存知ですか?知ってますね。

国内から海外まで人気の場所です。

北海道に来るなら超オススメの観光スポットなので、

これから、青い池をご紹介して行きましょう。

スポンサーリンク

『美瑛の青い池』情報

「美瑛 青い池」の地図

北海道美瑛町にある「青い池」は、偶然にも出来てしまった池なのです。

美瑛川に流れ込む泥流を貯めるため、えん堤を建設したら出現してしまった人口池。

実際見てみると、自然の神秘的な真っ青な池に見えるのですが、

実は自然偶発的にできた人口池なんです。

美瑛の青い池 晴れた日

もう一つ面白いのが、青い池の下に川が流れていて、

そちらも青くキレイな川「美瑛川」、個人的には「青い川」とか言っていいんじゃないかと思います。

場所

北海道上川郡美瑛町白金

【問い合わせ先】
道の駅びえい「白金ビルケ」
0166-94-3355

青い池のアクセス

【車の場合】

  • 新千歳空港から約2時間30分
  • 旭川空港から約1時間
  • 帯広空港から約2時間
  • 札幌市街から約2時間30分
  • 富良野市街から約1時間
  • 美瑛市街から約20分

【バスの場合】

  • JR旭川駅から道北バス約75分
  • JR美瑛駅から道北バス約20分

※白金温泉行き乗りのバス停は、青い池の目の前に停まります

駐車場について

「美瑛 青い池」の駐車場を上から見た

青い池 新駐車場

駐車場は、新駐車場と旧駐車場があって、どちらも青い池まで徒歩1分圏内にあります。

ピーク時は青い池の駐車場までいくのに超混んでますが、警備員が立っているので指示に従えば問題ありません。

駐車場までのルートには少し注意が必要

美瑛の青い池への地図

青い池に行くために車で行った場合、道の駅びえい「白金ビルケ」から、

白金温泉(青い池の先の温泉街)に行くルートの1本中に入るルートを選択します。

本線から1本中に入った道から駐車場への入口に繫がります。

※おそらく、大渋滞回避のために作られた新しい道路、ひと昔前は凄まじい渋滞でした。

営業時間と入場料

『美瑛の青い池』は、基本的には通年オープンしていて、

入場料駐車料金 は 無料 です。

営業時間に関しても24時間いつでも楽しむ事ができます。

冬場(11月~3月)は、ライトアップされていますが、

夏場はライトアップされていないので、夜の幻想的な風景は皆無です。

冬の青い池 ライトアップ

冬の青い池 ライトアップ

ただ、北海道旅行のピーク、6月〜9月いっぱいは激混み中の激混み、

駐車場に入るまで1時間なんてざらです

大渋滞や混雑が嫌いな人は、凄く空いているオフシーズン(10月〜3月)に

北海道旅行を計画するのもありだと思います。

『青い池』売店とトイレについて

「美瑛 青い池」の売店

青い池売店の営業時間の張り紙

【青い池売店】
物販/9:00〜17:00
飲食/9:00〜16:00

営業期間:4月下旬〜10月中旬

※ソフトクリームやドリンクやプリンなどとちょっとした青い池グッズのお土産か販売されています

青い池のトイレ

青い池売店の真横にあります

美瑛の青い池のトイレの使用時間の張り紙

使用時間に注意が必要

【トイレ】

使用時間:9:00〜17:00

女性は要注意

※使用時間外の場合は、道の駅びえい「白金ビルケ」を使用して下さいとのこと。
※冬場の使用については、要確認が必要かもしれません。

美瑛の『青い池』はやっぱりスゲェ!

美瑛の青い池のルートを示す地図

美瑛の『青い池』に行く時は、天気がもの凄く重要になってきます。

何故か?

青い池の現象には太陽光が不可欠で、

曇や雨の時や風が吹いてると観光価値が超低下します。

青い池に太陽光がさしてこそ、真っ青な池に大変身します。

【論より証拠】青い池は最高のインスタ映え

美瑛の青い池への下り階段

まずは、青い池のルートを確認、青い池全体をスタスタ歩いても、

徒歩で10分程度の距離なので、そんなに疲れることなく観光出来ます。

しかし、撮影スポットがたくさんあるのでインスタ映えには最高の池

青い池の入り口へ階段を降りるところから…

美瑛の青い池への下り階段

青い池入り口は木が邪魔して、インスタ映えしない感じ…

美瑛の青々とした青い池

足元を気をつけ、歩いて行くと…

徐々に撮影スポットが出てきます。

美瑛の青々とした青い池

青い池の中間は撮影スポットだらけ…さらにインスタ映えスポット

美瑛の青々とした青い池に山が映った

いいタイミングで青い池に山が映ることも!

青い池の奥に「十勝岳又は美瑛岳」が見えるところがあるんです。

写真じゃ伝わりにくいのですので、撮った写真を少し拡大します・・・

青い池の山が観える所を円で囲って矢印

この山と青い池のコントラストがインスタ映えするんですけど、

スマホカメラじゃ伝わりきれません。

実際見ると最高のロケーションですよ。

青い池の奥に「美瑛岳もしくは、十勝岳」が見えるスポット…

青い池の山が観える

奥に十勝岳又は美瑛岳が映る、しかし、写真じゃ伝わりません

今回は、秋口ですでに雪が山に被った最高にキレイな状態…

十勝岳に雪がかぶった状態

綺麗さが伝えられないのが残念

流石、人気の撮影スポットだけあって混んでます。

青い池を撮影するために混んでる様子

美瑛の青々とした青い池を撮影する人たち

奥へ奥へ進んで行くと…青い池の全体像が見えるスポット。

青い池の全体像の写真

と、同時に美瑛川が見えてきます。

青い池の堰堤

ふと気付きます!!青い池の出来た理由がそこに…これか!

最後に美瑛川まで、何となく青いんだ…青っ!

帰りは、逆走せずに、ルートを通って戻れば、トイレと売店でお買い物。

おすすめは…?いかに

インスタ映える『青い池プリン』

青い池売店に売っている青い池プリン

値段:500円

青い池に行ったら、まず売店に行く事をオススメします。

お土産グッズやプリンなどでインスタ映え最高の撮影が出来ると思います。

青い池の売店の商品

青い池の売店の商品の一部

まず、プリンを買わずに池に行ってしまって失敗、

また戻り撮影し直し、そうならないために売店で欲しいものを買ってからでも遅くはないと思います。

こんな写真を撮ってみた

青い池をバックに青い池プリンを丸太の上においた

『青い池』のライトアップ

雪の降った青い池

青い池は11月からライトアップされ、幻想的な雰囲気にしてくれます。

たぁ〜だ…

雪の降った青い池をライトアップ

ライトアップされてない時は、ただの白い池、つまらないにも程があります。

お気をつけて下さい。

美瑛の青い池ライトアップの記事は👉こちら

最後に

美瑛町の青い池は、年間通して幻想的風景が楽しめます。

インスタ映え最高のスポットに間違いありません。

北海道旅行の筆頭にしても文句ない場所です。

青い池からすぐの白金温泉を楽しんでも良いと思います。

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする