スポンサーリンク

医療脱毛とエステ脱毛の違いを理解しないと後悔する/ヒゲは気をつけろ!

鏡を見てヒゲの剃り残しに気付く男性

「医療脱毛」「エステ脱毛」

脱毛クリニックや脱毛サロンを選ぶ際、

必ずと言っていいほど、迷うのがこの問題がでてきます。

どっちでもいいや

どうせ同じでしょ

安い方でいいや

この考え方は、非常に危険です。

後で後悔する可能性が飛躍的に上がります。

そうならないために、これから

「医療脱毛」「エステ脱毛」の違いや選択の仕方

説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

医療脱毛とエステ脱毛の違いについて

医療脱毛とエステ脱毛の違いって何って思っている男性

医療脱毛とエステ脱毛の違いは、ざっくり

「脱毛機」「施術」「効果」

この3つが主にあげられ、むしろこれだけです。

ただこれだけ分かっただけで、油断してダメなのは、

メンズの「ヒゲ脱毛」です。

医療脱毛クリニックでもエステ脱毛サロンでも

良いことばかりしか言いません。

しかも、

初っ端から高額な料金を契約させようとしてきます。

まず、この3つの違いをしっかり理解した上で、

医療脱毛かエステ脱毛を選ぶといいと思います。

【脱毛機の違い】メンズの毛の太さに注意

皮膚の中の毛を説明 バルジ領域と毛乳頭

医療の脱毛機とエステの脱毛機は、根本は同じです。

レーザー照射(医療)や光照射(医療orエステ)で、

バルジ領域や毛乳頭にアプローチして、破壊(医療)やダメージ(エステ)を

起こし脱毛効果を得ていきます。

※バルジ領域…毛を生えさせる司令塔部分
※毛乳頭…毛を直接、生えさせる部分

メンズの毛、特にヒゲは太い毛の代表的な部分です。

ヒゲ脱毛をする際、自身の毛の太さで医療脱毛かエステ脱毛を

選ぶといい選択が出来ます。

注意すべきは明らかに太い毛よく伸びるヒゲ、濃いヒゲです。

脱毛機の違いを意識して、医療脱毛かエステ脱毛を選択すると

良い結果が出やすいです。

医療脱毛の脱毛機は、エステ脱毛に比べ出力が強く出来ています。

脱毛する際、毛細胞を

破壊することが可能なのが「医療脱毛」

毛を生えにくくするためダメージまでが「エステ脱毛」

これが、大きな違いで、

医療は永久脱毛、エステは抑毛、減毛という違いがあります。

ここを理解し、太い毛、伸びるヒゲ、濃い毛の人は

永久脱毛である医療を選ぶと脱毛までの

近道が待っています

さらに医療脱毛の場合、

先程話した「毛乳頭」「バルジ領域」を高い出力で

照射できる脱毛機を2種類もしくは3種類、

毛質に合わせ医療技術を使いより良い治療が可能な訳です。

例えば、医師が肌や毛質を専門的に確認し、

まず

「バルジ領域」から破壊し

次に

「毛乳頭部分」を破壊するなど、

専門の医師が判断する事によってより良い治療が可能です。

※医師によっては逆もあり得るかもしれません。

その点、エステの場合、出力が医療に比べ弱く

脱毛機も1種類しか用意していない場合が多いのが現状です。

太い毛、伸びるヒゲ、濃い毛の人は

施術の仕方に絶対気を付けなければ、

後悔することになります。

逆に普通ヒゲ、薄いヒゲの人は、

どっちにすればいいのか?

乱暴に言えば、どっちでもいい感じです。

とにかく評判の良いところ!を、おすすめします。

しかし…

気をつけるべきは、脱毛効果の実感の早さです。

医療脱毛は4~8週間で1回の照射

エステ脱毛は、2~4週間で1回の照射です。

エステの方が、出力が弱いといえ、

短い間隔で通うことで、脱毛実感が早いのが現状です。

ヒゲ半分エステ脱毛 半分が医療脱毛 右頬の方が薄く 左頬の方が濃い

この写真は、「医療脱毛」「エステ脱毛」顔半分ずつ

同時期に同期間、施術して丁度2ヶ月たった写真です。

写真を取る前に1週間、

ヒゲを伸ばし分かりやすくした状態です。

医療脱毛は1回施術、エステ脱毛は4回施術です。

一見すると医療脱毛ダメじゃんって思うかもしれません。

ですが…

回数を通うエステの方が、実感が早く得られはしますが、

医療脱毛で得られる永久脱毛まではないので

最悪、もとに戻ってしまう可能性はあります。

一概に医療の方がダメ、エステの方が良いという

判断、比較するのはちょっと出来ません。

実感が早く、脱毛効果を維持しながら通うのがエステ脱毛

実感は遅いがあまり通う必要がなく、脱毛効果が長いのが医療脱毛

なので

ライフスタイルに合わせた選択の仕方がベターです。

【施術の違い】アフターケアに注意

ゴリラクリニック札幌院のメディオスターネクストプロの照射部分

私の施術に使っている「メディオスター」脱毛機の照射部分

医療脱毛は、必ず医師が常駐し医師の指示の下

看護師が、医療脱毛機を使って施術します。

もちろん、国家資格者である医師もしくは看護師しか扱えません。

もし何か肌トラブルが起きたとしても医師がなんとかしてくれます。

さらに医療の場合は、美容皮膚科や美容整形の一環で

やってるところも多く料金さえ気にしなければ、

効率よく脱毛するための肌ケア照射による肌へのダメージケア

サービスがあります。

エステの脱毛機の照射部分

私が施術を受けているTHR式脱毛機の照射部分

エステ脱毛の施術は、乱暴に言って誰でも施術可能です。

法律的に問われることはなく、アルバイトでも

施術に関しては可能です。

医師も常駐はしていないので、

何か事故が起きた場合は、即病院に案内するという

体制をとっているのがエステ脱毛サロンです。

これがネックになり、エステ脱毛では

事故が本当に怖い状態です。

なので、弱い出力のさらに弱いレベルで照射し

細心の注意をして施術していることが予想出来ます。

なので、弱いレベルの出力からお客さんの肌に合わせ

徐々に出力を強くしていき脱毛していきます。

悪い事を言えば、

最初から効果を出したら数回しか通わないため

売上を上げるために、通い放題や20回セットみたいな

初っ端から高額な契約を取り付けることがあります。

必ず自分にあったプランを探し出して契約に望んでください。

【効果の違い】痛さに注意

男性のヒゲの痛い部分と痛くない部分の色分け

医療脱毛で痛い部分

脱毛効果は、個人的にですが、脱毛機が最新式であれば

痛さが効果の基準だと思ってます。

条件:脱毛機が最新式であること

痛み=効果=脱毛機

効果がどれくらい持続するか?

医療とエステ脱毛の効果の違いは?

こればっかりは、個人差があるので難しすぎる問題です。

そこで、痛みに関しては、同じ顔で実感していますので

はっきり申し上げは出来るでしょう。

脱毛機の照射機をヒゲに当てたときの痛みの箇所を色分け

エステ脱毛で痛い部分

医療脱毛、エステ脱毛の痛みの違いはあります。

はっきり申し上げて、

医療脱毛の方が圧倒的に痛いさに違いが生じました

【表現するなら】

医療脱毛の痛み:★★★★☆(4/5)

エステ脱毛の痛み:★★★☆☆(3/5)

医療脱毛もエステ脱毛も痛い箇所は、ほぼ同じで

毛が密集している箇所が非常に痛い箇所です。

写真の青色と黄色い箇所は、どちらも気にしない

痛みの違いもほぼありません。

問題は赤い部分

医療脱毛の場合は、

皮膚の中でブクブク沸騰しているような重い痛み

エステ脱毛の場合は、

静電気が一瞬でバチバチっとした軽い痛み

どちらも我慢は出来ますが、憂鬱になります。

この痛さに対して、医療脱毛とエステ脱毛、大きな違いが…

医療の必殺技、麻酔があるので痛みが嫌な人は、

麻酔使用がいいと思います。

医療脱毛とエステ脱毛を適切に選ぶには?

ヒゲを触り鏡を見る男性

医療脱毛とエステ脱毛を適切に選ぶならどうするか?

これから説明していきましょう。

間違いないのは、

私が効果を実感しているので、

私の施術と同じ脱毛機を使っているクリニックやエステサロンです。

ちなみに私は、ゴリラクリニック札幌院

札幌市北区にあるBLOW麻生店で施術をしています。

おすすめです。

まぁ、それでは説明にならないので、

医療脱毛とエステ脱毛の適切な選び方をお伝えしていきましょう。

医療脱毛を選ぶなら

特に、「ヒゲの濃い人」「肌の弱い人」は、

間違いなく医療脱毛を選ぶべきですね。

そして、重要ポイントは、

脱毛機が2種類以上あるクリニックであること。

脱毛機にも種類があり、使い方もそれぞれあります。

古い機械を何年も使用しているとか

美顔器と併用しているとか

1台1役しかないとか

は、論外です。

こういうクリニックなら選択肢にいれる必要はありません。

医療脱毛は、ほとんどの人にオススメできます。

やっぱり医師の先生が付いている、

これがなんと言っても抜群に安心感があります。

エステ脱毛を選ぶなら

エステ脱毛は、ほとんどの人は20回も行けば

一時的にツルスベ肌になるはずです。

目安は10回、欲を言うなら20回を

目安に通えるサロンがいいと思います。

【ヒゲ脱毛の通い方】

最初の5~6回までが約2週間隔、

6~7回以降は4週~5週間隔、

15回目以降は2ヶ月以上あけて行くことが効率的です。

なので、都度払い制のサロンが良いのですが、

あまりそういうサロンはないので、

契約する前によく計算してください。

脱毛方式も大事です。

指標はこちら👇

IPL方式 黒くて濃い毛の人向け、白髪には反応しない
SHR方式 薄めの毛、短い照射間隔が特徴的、早く効果を実感したい人向け、バルジ領域に反応、白髪もある程度OK
THR方式 どんな人でもOK。SHR方式の進化系、IPL方式の良いところとSHR方式より効率的に照射、実感も早い、ただバルジ領域のアプローチについては不明な部分が多い

医療脱毛に迷いがあるならエステ脱毛から

医療脱毛、エステ脱毛の違いから

はっきりどちらに行っていいか判らない人は

必ず、「エステ脱毛」からカウンセリングや施術など

行ってください。

医療で失敗して(金額の高すぎなど)、

中途半端に医療はあまり良くありません。

どちらかどうしても迷った場合は、

エステ脱毛の10回コースから選んでみてください。

まとめ

医療脱毛、エステ脱毛の違い解りましたか?

違いを知らずに不用意に選んでしまうと

痛い目に遭う可能性が飛躍的に上がってしまいます。

自分自身にあったクリニックやエステを選ぶことをおすすめします。

絶対に安さに踊らされず、効果を理解した上で契約してください。

【最後に】私が通っているクリニック&メンズ脱毛サロンとTHR方式 脱毛サロンの紹介

ゴリラクリニック札幌院

料金 【ヒゲ脱毛】68,800円/6回 札幌院限定トライアル4,980円~
種別 医療脱毛 男性専門
特徴 ツルスベ肌にしたいならココ 追加料金必要なし7回目以降100円
場所 札幌地下鉄すすきの駅 徒歩3分
おすすめ度 ★★★★★(5/5) VIO脱毛 可能

ゴリラクリニック公式

チェックPoint

・美人スタッフが対応するメンズ脱毛専門サロン

・札幌の医療脱毛のクリニックの中で接客対応がピカイチ

・札幌の医療脱毛でツルスベのお肌にするならココ

【BLOW麻生店】概要

料金 【ヒゲ脱毛・全部位】4,980円/回 初回半額2,490円
種別 エステ脱毛 男性専門
特徴 完全都度払い 高額な支払いはなし
場所 札幌地下鉄麻生駅 1番出口徒歩1分以下
おすすめ度 ★★★★★(5/5) VIO脱毛可能

BLOW(ブロウ)公式サイト

チェックPoint

・札幌出身のアラフォー世代のスタッフ2名の施術

・札幌の地元麻生の地域密着型

・札幌のエステでは珍しい完全都度払い制

【アダムワン】THR方式 メンズ脱毛サロン

料金 【ヒゲ脱毛】62,000円/10回 6,900円/回
種別 エステ脱毛 メンズ専門
特徴 THR方式 メーカー直営
場所 店舗一覧 全国10店舗以上
おすすめ度 ★★★★★(5/5) 電話対応が良かった

アダムワン公式サイト

【アドラーブル】THR方式 女性脱毛サロン

料金 【お顔、VIO】2,700円/月額 6回、12回、18回
種別 エステ脱毛 女性専門
特徴 THR方式 メーカー直営
場所 店舗一覧 全国18店舗以上
おすすめ度 ★★★★★(5/5) 電話対応が良かった

アドラーブル公式サイト

スポンサーリンク
関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする